« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月28日

プリンセス

一月ぶりのデイル
髪をばっさり切って
無茶苦茶若返ってた
しかも
オーストラリア帰りで
超ご機嫌良い
なかなかいい男だったのね
もう少し若かったらねー

しかし
久しぶりのデイル英語なのに
いつもの意地悪か
早いのよ
しゃべるのが
ムリですよ~

臨時のショージとは
どういうレッスンをしたかと聞かれ
free conversation
と答えると
よくしゃべれたなーと嬉しげに嫌味
やっぱ
デイルだなー
この嫌味に
もう慣れちゃった

夕方兄貴から電話
あまねちゃんとおしゃべり
「ドレスありがとう。嬉しい」
だって
入園祝いに
プレンセス好きの
あまねちゃんに
フリフリのワンピースをプレゼント
着ている姿が
見たくなりました
つうか
私が着たい
ダメかなー…

0627.gif

2006年06月26日

調子の狂う日曜日…

昨日は
310ちゃんと渋谷でミーティング
最近ずっと忙しくて
会えなかったから
議題もたくさんあった…

近況を報告しつつ
日頃の愚痴っぽい話もあったりしたけど
なんとな~く
非難も、慰めもなく
お互い
吐いた言葉が
ス~っと
消えていく感じが
なんとも心地良いですね…
まあ
いろいろ
所詮
そんなもんということで…

この間
春ちゃんに勧められた
「レント」を見ようと思ったのだけど
ズルズルしてたら
夕方になっちゃった…
しょうがなく
TUTAYAへ
ahkさんと310さんお勧めの
「ジョゼと虎と魚」を借りた

昨日、310ちゃんから聞きすぎたせかなー
やはり
あまりぐっと来なかったなー
今度感想言おう

日曜日
一日休んだだけで
なんとなく
体の調子が狂います…
忙しい方が
妙に調子良かったりして
私は
すでに
どこかいかれてるんでしょうね

まじ、寝すぎると
調子悪いわ

0626.gif

2006年06月22日

あっという間の10日間

0621.gif

かれこれ10日
ブログの更新も
こんなに間空いちゃうと
まずいね
今年の目標が
半年で
くじけそう…

仕事のことで
頭いっぱいでね…
最近、考え方や、言葉や、イラツキが
おやじっぽい気がします

そろそろ
違うことに
意識を向けないと
仕事だけで一年を潰してしまったら
また同じことの繰り返しですね…

今年の目標は
もう一つあるのです
それを達成するために
動かないと…

「yubio」の配信
すでに終わってた
宣伝しようと思ってたのに…

ちょっとだけ
紹介ね…
こんなのだったのだ…

0621_2.gif

0621_3.gif

2006年06月12日

背中と胸の間にあるもの…

背中の痛みが
酷くなった
整体かな…

スパイク・リーの映画を観ようと
新宿へ
映画館に入ったあたりから
胸が痛み出す
たま~にあるんだよね
狭心症みたいな…
しばらく横になると直るけど
横になれん…
しかも
立ち見?!
やってられん…

イライラしてきた
背中は痛し
胸も痛し
人は多いし

そっか
この空間が良くないんだ
こんなとこ
早く出よ…

外に出ると
随分楽になった
映画が見れなかったから
食事へ
締め付ける
ブラジャーも取った
こんなもん
付けてられん…

はー
やっと落ち着いたところで
鬼のように食べた
食べてる時と
飲んでる時と
風呂に入ってる時と
寝てる時が
この上なく幸せです
他は何もいらないのに

なんて
ことを考える
日曜の夜です
はは
サザエさん症候群か…


0611.gif

2006年06月09日

二日酔いの集中力

昨日は
あれや、これやで
飲む事に…

気がつけば
ミキさんが
倒れてました

はしょりすぎですが
それくらい
飲んでたらしいです
シャンパンいくつ空けたのでしょう…

今日は
二日酔いで
仕事も手につかない
はず…

以外にも
すごい集中力
ひたすら手を動かす
止まらない…

気がつくと、大して作業は進んでない…
つうことは
同じとこ
ぐるぐるしてたのか…

集中してないじゃん…
やっぱ二日酔いか…

んな
感じでした

梅雨入りしたね…


0609.gif

2006年06月07日

6月に入って

気がつけば
6月です
5月も本当に忙しく
気がつけば
6月です…

だんだん
暑くなってきて
もう、真夏の格好ですよ
真夏はどうするんだろう…

最近
昔の友達に
ばったり会ったりするんですが
あまりにも
変わってないので
笑ってしまいます
いつまでも
そう言っていたいですね…

0607.gif

2006年06月04日

嫌われ松子の一生

嫌われ松子を観た
無茶苦茶
面白かった…

「下妻物語」も
最高に面白かったし
うまいなーと思ったけど
私は、嫌われ松子の方が好きかな…

原作は読んでないけど
おそらく
無茶苦茶暗く
悲劇なお話なんだと思う
男に愛されたいがために
必死に生きるんだけど
騙され、裏切られ
最後は悲惨な死に方をする

それを、かなり
滑稽に、センス良く描いてて
すごいなーと思った
下妻もそうだったけど
色がとても綺麗
中谷美紀が
良い!
かなりいけてました

ズタボロの人生で
何度も、「もう死んでもいい」とか
思うんだけど
そう簡単には死ねなくて
生きることへの執念はすごいから
ポジティブに突き進んでは
またボロボロに…
悲劇というよりも
あまりにも滑稽で
愛らしく
でも、人生とは
そんなものなのかと
爽快に思った自分が
かなり屈折してるのかなーとも
思った

自分の生まれてくる環境なんて
選べないし
一つの選択から
幸せになったり、不幸になったり
でも、どう生きるかはその人次第で…
一生懸命生きてれば
いつ死んでも
同じなのかなーって…

そう考えられるのも
自分がどん底を見たことがないからだと
思いますが…

でも
本当に良かったなー

自分を
太宰治の生まれ変わりだと
信じている
小説家の役の
クドカンが
良かった…

う~ん、いい!

0604.gif